リザーブストックを共催イベンで利用する場合の注意点

私は日頃よくリザーブストックというツールを利用しております。

さっさと有料プランでお使いになる方が便利です。

リザーブストック無料版で発行するメルマガの落とし穴

なかなか皆様月5000円となると、無料で良いですとなるのですが、その考え方自体が発展性がありません。

5000円払うなら、何倍もの働き方をしてもらえば良いのです。
それ以上、元をとってやる!と何が何でも頑張れば良いのです。

ある程度は経費をかけないと大きく回せません。
もちろん、小さくマイペースでも良いのです。

さてタイトル、共催イベントで利用するときの注意があります。

私も着物関連では、度々共催でイベントをしています。

その時の名簿と、自動返信メールの再送時に注意しなければならないということが分かりました。

共催イベントの時は名簿を共有しているが共有ではない

共催イベントの時は名簿を共有していますので、双方で誰が申し込んだかが分かります。

ただし、これはそれぞれのアカウントに同じ名簿のリストがある状態ですが、どちらかが名簿を修正した場合、同時に双方とも修正されるわけではありません。

ここに気付かず利用していました。もっと早く気付くべきでした。

またイベントはどちらかが作成し、共同開催(コラボ)申請を送るのですが、イベントは同じでもそれぞれのイベントのアカウントは別のurlとなります。

そしてリマインドのメッセージなどは作成者のアドレスで届いているようです。

メールが届かない時の注意点

まず最初にイベントに申し込まれると、確認メールが届きます。
そしてこの確認メールをクリックして初めて参加が確定します。

確認メールが届いていないと連絡を受けた時は、まず迷惑メールboxを確認していただきます。

それでも届いていないと連絡があった場合は、登録されたアドレスが間違っていないかを確認します。

間違っていた場合は正しいアドレスを伺って、入力し直し、確認メールを再送します。

ここでイベント作成者が、メールを修正して確認メールを再送するのは問題ないのですが、共同開催者が、メールを修正して確認メールを再送しても届かないのです。

共同開催者がメールを修正しても自分のリスト上の情報が修正されるだけで、作成者のリストまでは修正されてません。

この状態で、共同開催者がメールを再送できてしまうのが、そもそもどうかと思うのですが…
おそらく主催者のリスト上の情報まで変わらないまま、再送しているので、届かないのですね。

なので共同開催者が参加希望者に、確認メールが届かないと連絡を受けたら、正しいアドレスを作成者に伝え、イベント作成者がリストを修正し、確認メールを再送する必要があります。

このことに気付いていなかったので、これまでメールが何度やっても届かない現象が起こっていたのかもしれません。

気付いていませんでした。
届かなかった方に今からでもご連絡しなければなりません。

リザスト には新しい本が出ておりますので紹介させていただきます

タイトルも『集客から顧客管理・決済まで ひとりビジネスを助ける最強のWebツール 最新リザーブストック公式ガイド』となっております。

タイトルの通りです。
一冊手元に置かれることをお勧めいたします。

なおリザーブストックは招待制です。
メッセージ頂けましたら招待させていただきます。

リザーブストック招待ご希望の方はこちらからメッセージくださいませ
それで私に何かマージンが発生するわけではありません。
(リザスト の回し者ではありません)
ただし、無料版でお使いの間だけ招待者のリンク先(広告)がリザストの各ページの上部とメルマガのどこかに入ります。
これが結構鬱陶しいと思いますので、できるだけ早く有料版でお使いください。