Instagramのプロフに複数URLが貼れるツールLinktreeを使わない方法

インスタグラムのプロフィール欄にはURLを一つしか貼ることができません。

でもブログやホームページ、ショップやツイッター、フェイスブックなど複数のウェブサイトを持っていて、全部紹介したい時に便利なアプリとしてLinktreeが紹介されています。

設定も簡単なようでして、少しググればたくさん情報があります。
他にも似たようなツールがあるようですね。

ですが、わざわざこのアプリを利用しなくても、自分のホームページやブログに同じように全てのリンク先を紹介するページを作り、そのページのURLをインスタのプロフィール欄に貼ればいいのでは?と思いました。

確かにJimdoの無料ページなら、下層ページのURLをそのまま貼ると、こんな感じで格好が悪くなるのですが…

https://kimonomam.jimdofree.com/%E5%AE%9F%E8%A1%8C%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A%E7%B4%B9%E4%BB%8B/
(ちなみにこちらはカジュアル着物倶楽部の実行委員会紹介のページです)

その問題も簡単に解消できます。

ブログ機能の方で記事を書き、URLをlinkに設定するか、下層ページをlinkとして作成すれば良いだけです。

そのページのナビゲーションのタイトルが「link」になってしまいますが、あまり気にしなくても良いのではないでしょうか?

もしきになるようでしたら、そのページを見えないように(非表示に)設定しておけば、そのURLを知っている人しか見ることができません。

ちなみに以前使っていたジョイライフ企画のホームページにリンクのページを作成してみました。

https://jlkikaku.jimdo.com/link

こちらは表からは見れないようになっています。
このページを非表示にするという目のマークに/がかかっている箇所をクリックして非表示に設定します。


Jimdoはページを非表示に設定しても、そのページが存在しないわけではありません。URLを知っていれば見ることはできます。
限定公開のような状態ですね。

上記のジョイライフ企画のホームページは古いテーマでしたので、随分不恰好ですね。中心に寄せているのに、スマホでは左揃えで色が変更できずデフォルトのママです。これを貼り付けたいとはあまり思いません。

今のテーマで作成してある別のホームページのリンク先を例として掲載させていただきます。やはり今のデザインの方がオシャレですし、スマホで見ても安心です。

https://reassuremichiko.jimdofree.com/link/

このlinkとしてスッキリした、リンク紹介ページのURLを、インスタに貼り付けてもおかしくは見えません。

ただそもそもインスタにあれこれリンク先を案内したページを貼ることが効果的なのかどうかは分かりません。

ワンクリックで見たいページに行く方が相手にとっては親切なのかもしれません。あれこれ紹介したいというのはこちらの都合でしかありませんので…

ただ、見たいページをお客様が選択できるという点では良いのかもしれませんが…

スポンサーリンク