資格取得はゴールでは無くスタート地点

様々な資格があり、様々な業種があり、様々な認定団体がありますが…
特定の資格を取得することはゴールではなく、その資格で仕事をしていくのなら、ただのスタート地点でしかありません

同じ資格を持っている人は他にもたくさんいるわけで、資格を取ったという事はその人たちと同じスタート地点にようやく立っているような状態です

そこから自分の教室やサロン・教室・お店・講師などをしていくのでしたら、今度はそこに自分の努力で他の方と差をつけて行く必要があるでしょう

学校や団体で学んだから、もうこれで一人前だと安心してはいけません

それはただの知識を身に着けただけの状態です

たとえば講師業なら、学んだことを今度は人に教えることが出来るようになることが一番の学びとなります
(インプットよりアウトプットの方が大きな学びになるということはよく言われています)

なぜなら人に教えるという時になると、学んだことをそのまま伝えるだけでは全然足りません

生徒やお客様から質問が来ることを想定して、学んだことを、学んだ知識をもっと掘り下げて勉強しておかなければなりません

ここを想定できない人は、ただ学んだことを伝えるだけの先生になります

面白くない先生を想像してみよう

学校の先生でもただ教科書棒読みするような先生は不人気ですよね
それなら先生は必要なく、教科書だけあればいいのですから

どんな先生なら人気があるでしょうか…

教え方の上手い先生
お話の面白い先生
教科書に書いてあること以外の話も盛りだくさんにしてくれる先生

或いは一方的に伝えるだけでなく体験型の授業をする先生
生徒自身に考えさせ、工夫させ、頭を使わせる先生…

私自身が小学生の時に、生徒一人一人と交換日記をしてくれる先生がいましたが、多くの生徒から慕われていたと思います

他の先生がしないようなことをしてくれる先生は、やはり記憶に残っています

さて、サロン・教室・セミナー講師・その他個人事業にあてはめて考えてみましょう

スポンサーリンク



ただ知識をそのまま伝えるだけでは個性が無い

知識を正確に覚えることはもちろん大切です
それは大前提です

が、そこから自分なりの考えや想い、知識、経験というプラスアルファを使って、知識なり技術を自分の力でアップデートしていかない人は、怠慢だと思うのです

大金出して、学んだから、資格を取ったから、これで安心と思っていてはいけません

そこから自分なりに、知識をどんどん掘り下げて、勉強していく必要があります

もしお客様や生徒から、突っ込んだ質問があったとします
それにただ「そう習ったから、それ以上は分かりません(習っていません)」で相手は納得してくれるでしょうか?
貴女を信頼してくれるでしょうか?

私はNOだと思っています

10を知っているから1を語れる

昔の経験になりますが、私は30分のセミナーをした時、台詞を丸暗記しました(会社からさせられました)

丸暗記したからお客の反応を見る余裕も出来ました

その経験があったので、カルチャーで2時間のセミナーをする時に同じように講座内容は暗記し、流れを覚えリハーサルをしました

その中で想定される質問に対する答えや、派生する知識を調べて、調べて、調べまくり、テキストはメモ書きや附箋が一杯になりました

ということは、そのテキストは私だけのテキストです

これが他との差別化とも言えます

習ったままを伝えるのなら、その講師と同じ内容しかできません

自分しか出来ないモノを作り上げるには自分の頭で学び、考え、幅を広げておく必要があります

それでなくても1を伝えるためには10を知っておく必要があります

1つの知識の背景には10の予備知識があるからその講師は信頼されるし、自分の知識で語っているということも相手には伝わるものです

人が語ったことをそのまま語るのでは、そこに自分と言う色が全くありません
薄っぺらいことが伝わってしまいます

学んだ知識をただ伝えるだけでは個性も感じられないでしょう
説得力も皆無でしょう

自分の経験は最大の差別化

サロン・教室・セミナー講師・お店等個人事業が差別化をしたいのなら、最大の武器は「自分」でしょう

自分の経験や体験をプラスして考えるのが一番の差別化になります

それを知る手っ取り早い作業が、自分の棚卸となります
自分の経験をいくつもいくつも書き出すことです

小中高生、大学生、社会人、家庭で地域でやってきたこと、クラブ活動、学んだこと
体験したこと、辛かったことから楽しんだことまで何もかも書き出すことです

そう伝えるのですが実際にやる人は少ないように思います
面倒なのでしょうけど、もし差別化で困っていたり、これからどういう方向性でやっていこうかと悩んでいるのならぜひやってください

そこから自分が気付かなかった強みが見えてきます
分からなければ、人に訊いてみることです

が、訊くのなら実際に独立している人に訊かなければ意味がありません
間違っても独立したことの無い人に訊かないことです

>>貴女の持っているノウハウを商材にしませんか

資格を取得して独立開業のスタート地点に立ったなら、まずは…

■自分の知識を掘り下げて、自分で考え、自分の言葉を持つこと

■そして自分の経験や体験をプラスして、自分の強みを作ること

最低その努力をしてから始めて行きましょう

これはリピート作りにも大きく関係していることです

スポンサーリンク