形があるものを売るのは難しいことでは無い

形があるもの(商品やサービス)を売るのは
今の時代それほど難しいことでは無いとは思います

もちろんどれだけ売るのかの部分は奥が深いのですが

前例があるのならそれを真似すればいいと思うのですが
難しいと思っている人が多いように思います

で、よくよく伺うと…
難しいと思う部分はただ『行動する部分』であったりします

行動し始めることだったり
行動を積み重ねる手間を省く方法が無いかということだったり

ただ単純にやればいいだけの部分を難しいと思っている?

よく『ノウハウを教えても結局やる人はいない』と言いますが
そういうことかもしれません

やるべきことが分かっていてもそうなのですから
分からなければもっと難しいと感じて当然かもしれません

とにかく今できるのは行動すること
そして行動のしかたを誰かに習うことでしょう

行動した向こうに何かが見えてきます
行動しなきゃ何も見えてきません

もし、その行動そのものを失敗したくないから…
どうやったら上手くやれるのか…
そこでずーっと立ち止まっているのなら
その時間が勿体ないと思うのです

借り入れをして大きな事業を始めるのなら
しっかり事業計画を先に練らなければなりませんが…

もしただ、今在るものを売るだけなら
行動することで時間以外に損するものはありません

 

スポンサーリンク



まだ形にならないものを売るのは本当に難しい

本当に難しいのは、今現在世の中には無いものを売る時でしょう

現在無いものはキーワードを決めるのも時間がかかります

売り方そのものを構築する必要もあるでしょう
いろんなケースを試してみる必要もあるでしょう

思っても見なかった方々がクライアントになる場合もあります
売りかたを変える必要もあるかもしれません

売るもの(商品やサービス)があるものを売るのは容易い

類似したものが無いもの
名前が決まらないもの
それを売るのは倍以上に手がかかるでしょう

ということは何より行動力が必要になります
難しいと言って止まっていることは許されません

それはただ闇雲に動けというわけではありません

ちゃんと基本的なことを押さえて倍速で動く
そういうことでは無いでしょうか

形がないものを売るのは無理と思うのでしたら
先に形があるものを売ってみることをお勧めします

 

スポンサーリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です