アメブロの編集で画像がコピペ出来ない件

様々なものがアップデート、アップデートされていきます

Windows10やスマホも、ブラウザもそうですし、アプリもそうです

アップデートするのに対応していかなければならないから運営者側の苦労は相当なのだろうと思います

 

そして私たちだって大変です

勝手にアップデートが始まっていたり、変更されていたり…

50代女性は付いていけません

先日あるツールがどうしても動かなくなり、元に戻すまで時間がかかりました

どうしようもなくなったときは、一旦パソコンからアンインストールして、新しくインストールする方が手っ取り早かったりします

 

さて話は変わって先日の事です

アメブロ記事にバナーリンクを貼っているので、それを新しい記事にコピペしたいのに出来ないというご質問がありました

そういう時はブラウザを変えても出来ないかを質問します

出来ません

基本設定画面を確認して頂くと、記事投稿画面のエディタの設定が変わっていたようです

最新版エディタ(標準)に戻すと、バナーをコピペできました

確かその数日前にアメブロのアップデートがありましたが、設定が変わったのでしょうか?

私自身のアメブロは変わっていませんでした

1年まるごとサポート中はちょっとした疑問を質問し、分からない事を聞くことが出来ます

電話やスカイプ、メッセーンジャーやLINEで離れていても繋がるので便利ですよね

一年丸ごとサポート

一年丸ごとサポート

50代女性の個人事業をウェブサイト運営を中心にサポートしています

場合によってはお仕事の仕組みそのものに関わることもあります

集客のどの部分を改善するのかを一緒に考えることもあります

ホームページやブログ活用は1日で出来るものではありませんので、一緒に育てる意識でサポートさせていただいています

スポンサーリンク



 

Jimdoのお問合せフォームに追加されたプライバシーポリシーの件

先日、無料ホームページ作成サイト、Jimdoについてクッキーポリシーの記載が追加されていた件をお伝えしました
Jimdoに新たに追加されたCookie Policyのこと

そしてその前にプライバシーポリシーの記入欄が大きくなり、記載しやすくなっていました

このプライバシーポリシーの記載欄と同じ場所には、ある時期から デフォルトで『reCAPTCHA サービス』についての記載がされるようになりました

表示のチェックボックスを外せば消すことはできます

Jimdoに付いている『お問合せフォーム』を使う時に、機械でないことを証明するために数字を入れる機能を使わなければ、このチェックボックスは外してもいいのではないかと思われます

あと外部のお問合せフォームをお使いの場合も…です

ところで、もし『お問合せフォーム』を使って住所や名前や電話番号を記入していただくのでしたら、プライバシーポリシーの記載が必要になります

そしてJimdoの『お問合せフォーム』の最後には、このプライバシーポリシーの確認をするチェックボックスが付いています

ということはJimdoで作成したホームページからお問合せをする人は、そのサイトのプライバシーポリシーを確認する確率が上がると思われます

ところが、ほとんどのサイトにそのプライバシーポリシーの記載が無く、先ほど挙げた『reCAPTCHA サービス』がデフォルトで記載されているだけになっています

ここはしっかり見直した方がよさそうです

あとアナリティクスをお使いの場合は、Jimdoを有料で使っているなら、その旨の明記は簡単です
アナリティクスの設定をすれば、自動的に明記されます

もし無料でお使いの場合はヘッダーに記載するという手作業をしますので、アナリティクス利用の記載は自分でしなければなりません

これもプライバシーポリシー欄に追加で記載することができます

いろいろ変更されていきますね

あと少し関係はありませんが、フェイスブックページをウィジェットで表示していましたが、この機能が変更されたようです

以前は大きく表示されていましたが、一旦『facebookに接続する』という小さなボタンが表示され、ボタンをクリックすれば大きく表示される設定になりました

Jimdoからのお知らせの中でもこの件が掲載されていました
【重要なお知らせ】Cookie ポリシーについて

何でもかんでも、facebookと繋げるサービスそのものが変わっていくかもしれませんね

facebookやgoogle+のIDでログインするサービスは便利ですが、一つコケたら皆コケた!になるリスクがあるとは思います

いろいろお伝えしなければならないことは、まるごとサポート中の方には個別にお伝えしています

そうでない方に向けてのJimdoの勉強会もやります

変更点ももちろんお伝えしますが…
ただどこでもやっているような勉強会は面白くありません

初心者さんには勿論一緒に作っていく作業をする

お使いの方には現在のホームページの悩みや問題を一緒に考える
どのようなツールを周辺に置いて、Jimdoのホームページを活用していけばいいのかをお伝えする

ブログ機能を使った方がいいことをお伝えする

など…が良いのかもしれませんね

テーマ別に分けて開催した方がよさそうなので少し考えて告知させていただきます

スポンサーリンク



 

Jimdoに新たに追加されたCookie Policyのこと

ホームページ作成サイト、Jimdoのホームページに新たに『Cookie Policy』が追加されました

前日にプライバシーポリシーの記載欄が変更されたと思ったら次の日にこれでした

Jimdoをお使いの方はこちらもご覧ください
Jimdoのお問合せフォームに追加されたプライバシーポリシーの件

ただこの新たに追加されたページがかなりの情報量で、しかも英語です

ここに掲載するのが良い事なのか迷いましたが、まあ弱小サイトです
お客様へお伝えしこういうことだよと提示しなければならないことを優先します

まず英文はこちらです・・・

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

Cookie Policy

With this cookie policy, we would like to inform you about the use of cookies or similar storage technologies (hereinafter “cookies”) on our websites.
What are Cookies?

Cookies are small text files that are stored by your browser on your device to save certain information or image files, such as pixels. The next time you visit our website on the same device, the information saved in the cookies will subsequently be transmitted either to our website (“First Party Cookie”) or to another website to which the cookie belongs (“Third Party Cookie”).

Through the information saved and returned, the respective website recognizes that you have already accessed and visited it with the browser you use on that device. We use this information to be able to design and display the website in an optimum way in line with your preferences.

In that respect, only the cookie itself is identified on your device. Beyond this extent, your personal data will only be saved upon your express consent or if it is strictly necessary to be able to use the service offered to and accessed by you accordingly.
Consent to the use of Cookies

Cookies that are not absolutely necessary to make the services available on our website are only used when we receive your consent. As soon as you actively use our website by continuing to use our website after the cookie banner has been displayed, you consent to the use of cookies.

You can, of course, customize your cookie settings at any time, for example by activating or deactivating individual cookie categories.

You can find out how to deactivate or delete cookies in general (i.e. including the essential cookies) in your browser can be found under the last point this Cookie Policy.
Cookie Categories

We divide the cookies we use into the following categories based on their purpose and function:

Strictly Necessary Cookies;
Functional Cookies;
Performance Cookies; as well as
Marketing Cookies

Strictly Necessary Cookies

Strictly necessary cookies guarantee functions without which you cannot use our web pages and service as intended. These cookies are used exclusively by us and are therefore first party cookies. This means that all information stored in the cookies will be returned to our website.

Strictly necessary cookies serve, for example, to ensure that you as a registered user always remain logged in when accessing various subpages of our website and thus do not have to re-enter your login data every time you access a new page.

The following strictly necessary cookies are used on our website:
Name Purpose Term
ckies_functional Store option if functional cookies are enabled 1 year
ckies_marketing Store option if marketing cookies are enabled 1 year
ckies_performance Store option if performance cookies are enabled 1 year

The use of strictly necessary cookies on our website is possible without your consent. For this reason, strictly necessary cookies cannot be activated or deactivated individually. However, you can deactivate cookies in your browser at any time.

The legal basis for the use of these first party cookies is our legitimate interest (i.e. interest in the analysis, optimization and economic operation of our website and services) within the meaning of Art. 6 (1) (f) GDPR).
Functional Cookies

Functionality cookies enable our website to store information already provided (such as registered name or language selection) and to offer you improved and more personalized functions based on this information. These cookies collect and store only anonymous information so that they cannot track your movements on other websites.

The following functional cookies are used on our website:
Name Purpose Term
cookielaw Store information if cookie banner was dismissed 1 year
shd Will be set during the login process 1 year

You can opt out of using Functional Cookies at any time by adjusting your Cookie Settings accordingly.
Performance Cookies

Performance cookies collect information about how our websites are used in order to improve their attractiveness, content and functionality. These cookies help us, for example, to determine whether and which subpages of our website are visited and in which content users are particularly interested. In particular, we record the number of visits to a page, the number of subpages accessed, the time spent on our website, the order of the pages visited, which search terms led you to us, the country, region and, if applicable, the city from which access is made, and the proportion of mobile devices accessing our websites. The IP address of your computer transmitted for technical reasons is automatically made anonymous and does not allow us to draw any conclusions about the individual user.

The Jimdo user also has the right to object to the processing of personal data that is used for statistical purposes in accordance with Art. 89 para. 1 GDPR for reasons that arise from the particular situation of the user in question. In order to exercise the aforementioned and other data subject rights, the affected party may, at any time, contact Jimdo via the contact address provided below.

The following Performance cookies are used on our website:
Name Purpose Term

You can opt out of using Performance Cookies at any time by adjusting your Cookie Settings accordingly.
Marketing Cookies / Third Party Cookies

Marketing cookies come from third party cookies and are used to gather information about the websites visited by the user in order to create targeted advertising for the user.

The following marketing cookies are used on our website:
Name Purpose Term
__utma Jimdo statistics (Google Analytics) 2 years
__utmb Jimdo statistics (Google Analytics) 1 day
__utmc Jimdo statistics (Google Analytics) Session
__utmz Jimdo statistics (Google Analytics) 6 months
__utmt_b Jimdo statistics (Google Analytics) 1 day

You can withdraw your consent to the use of consent based- Marketing cookies individually at any time with effect for the future by adjusting your Cookie Settings accordingly.

Due to the described uses (see § 6. a.), the legal basis for the processing of personal data using cookies is set out in Article 6 (1) lit. f GDPR. Where the Jimdo user / visitor has given us consent to the use of cookies on the basis of a notice given by us on our websites (“cookies banner”), the legality of the use is additionally governed by Art. 6 (1) sentence 1 lit. a GDPR.
Administration and deletion of cookies

You can set your web browser in such a way that cookies are generally prevented from being saved to your device and/or that you are asked each time whether you are in agreement with cookies being enabled. You can also at any time delete cookies that have been enabled again. You can find out how all this works in detail from your browser’s help function.

For the web browsers Firefox, Microsoft Internet Explorer and Google Chrome you can find an explanation in words and with pictures under the following link: http://www.meine-cookies.org/cookies_verwalten/index.html.

Please note that generally deactivating cookies may lead to functional restrictions of our website.

スポンサーリンク




___________________________________

英語は全く出来ない私には理解できません
そこでグーグル翻訳をさせて頂きました

その結果がこちらです

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

クッキーポリシー

このクッキーポリシーを使用して、当社のウェブサイト上でのクッキーまたは類似のストレージテクノロジー(以下「クッキー」)の使用についてお知らせいたします。
クッキーとは何ですか?

Cookieは、特定の情報やピクセルなどのイメージファイルを保存するために、ブラウザに保存されている小さなテキストファイルです。同じデバイス上で当社のウェブサイトを次回訪問すると、Cookieに保存された情報は、その後当社のウェブサイト(「第一者Cookie」)またはそのCookieが属する別のWebサイト(「第三者Cookie」)に送信されます。

保存され、返された情報を介して、それぞれのウェブサイトは、あなたがすでにそのデバイスで使用しているブラウザでアクセスし、訪問したことを認識します。私たちはこの情報を使用して、あなたの好みに沿った最適な方法でウェブサイトをデザインして表示することができます。

その点で、あなたのデバイス上ではクッキー自体が識別されます。この範囲を超えて、お客様の個人情報は、お客様の明示的な同意があった場合、またはお客様に提供されアクセスされたサービスを使用できることが厳密に必要な場合にのみ保存されます。
クッキーの使用に同意する

ウェブサイト上でサービスを利用するために絶対に必要でないクッキーは、お客様の同意を得る場合にのみ使用されます。クッキーバナーが表示された後、当社のウェブサイトを継続的に使用して当社のウェブサイトを積極的に使用すると、クッキーの使用に同意するものとします。

もちろん、個々のCookieカテゴリを有効または無効にするなど、いつでもCookie設定をカスタマイズできます。

ブラウザの一般的なクッキーを非アクティブ化または削除する方法は、このクッキーポリシーの最後のポイントに記載されています。
クッキーカテゴリ

私たちが使用するクッキーは、その目的と機能に基づいて以下のカテゴリに分けられます。

厳密に必要なクッキー;
機能的なクッキー;
パフォーマンスクッキーと同様
マーケティングクッキー

厳密に必要なクッキー

厳密に必要なクッキーは、お客様のウェブページやサービスを意図した通りに使用することができない機能を保証します。これらのクッキーは独占的に使用されているため、ファーストパーティのクッキーです。これは、クッキーに保存されているすべての情報が当社のウェブサイトに返されることを意味します。

たとえば、弊社のウェブサイトのさまざまなサブページにアクセスする際に、登録ユーザーとして常にログインしていることを確認し、新しいページにアクセスするたびにログインデータを再入力する必要がないように、厳密に必要なCookieが役立ちます。

当社のウェブサイトでは、以下の厳密に必要なクッキーが使用されています。
名前目的期間
ckies_functional機能的なCookieが有効な場合のストアオプション1年
ckies_marketingマーケティングCookieが有効な場合のストアオプション1年間
ckies_performanceパフォーマンス・クッキーが有効な場合のストア・オプション1年間

お客様の同意なしに、当社のウェブサイト上で厳密に必要なクッキーを使用することは可能です。このため、厳密に必要なCookieを個別に有効化または無効化することはできません。ただし、いつでもブラウザのクッキーを無効にすることができます。

これらのファーストパーティーのクッキーを使用するための法的根拠は、アートの意味における当社の正当な利益(すなわち、当社のウェブサイトおよびサービスの分析、最適化、経済的運用に対する関心)である。 6(1)(f)GDPR)。
機能的なクッキー

機能性クッキーは、当社のウェブサイトが既に提供されている情報(登録された名前や言語の選択など)を保存し、この情報に基づいて機能を改善し、よりパーソナライズしたものを提供することを可能にします。これらのクッキーは、匿名の情報のみを収集して格納するため、他のWebサイトでの動きを追跡することはできません。

当社のウェブサイトでは、以下の機能性クッキーが使用されています。
名前目的期間
cookielaw Cookieバナーが却下された場合の情報を保存する1年
shdログインプロセス中に設定されます1年

機能Cookieを使用しないようにするには、それに応じてCookie設定を調整します。
パフォーマンスクッキー

パフォーマンスクッキーは、当社のウェブサイトがどのように魅力、コンテンツ、機能を向上させるために使用されているかに関する情報を収集します。これらのクッキーは、例えば、私たちのウェブサイトのどのサブページが訪問されたか、およびユーザーが特に興味を持っているコンテンツを判断するのに役立ちます。特に、ページへの訪問数、アクセスされたサブページ数、ウェブサイトに費やされた時間、訪問されたページの順序、どの検索語があなたを私たちに導いたか、国、地域、アクセスが行われた都市、当社のウェブサイトにアクセスしているモバイル機器の割合などが含まれます。技術的な理由で送信されたコンピュータのIPアドレスは自動的に匿名で作成されますので、個々のユーザーに関する結論を出すことはできません。

また、Jimdoユーザーは、Artに準拠した統計目的で使用される個人データの処理に異議を申し立てる権利を有します。 89パラ。 1 GDPRの問題のユーザーの特定の状況から生じる理由

_________________________________

そのままコピペさせて頂きました
英訳のチェックができませんので、細かいことでは無く全体として何を伝えたいのか
(Jimdo側が早急にしなければならなかったことは何か…を想像して頂ければと思います)

また詳細はお目にかかった時にお伝えします

私たちOver50には分からない文言だらけですが、個人でワードプレスなどでサイトを運営していると対処しきれないことをやってくれていると思えばいいと思います

【重要なお知らせ】Cookie ポリシーについて

その後Jimdoから重要なお知らせとして発表されています
やはり5月25日に施行された EU 一般データ保護規則法の影響ですね

Jimdoをお使いの方は合わせてこちらもご覧ください
プライバシーポリシーの記載のないホームページが多いと感じておりますが、今後はお申し込みの際に必ずチェックされますので、記載された方が良いかと思います
Jimdoのお問合せフォームに追加されたプライバシーポリシーの件

このクッキーポリシーのページはそのうち日本語になるでしょう
(後日Jindo関係のサイトでもそのように発表されていました)

スポンサーリンク



 

好きなことと仕事のこと

好きなことを仕事にしなさい!と安直に言う人がいますが、どこかしら違和感を感じていました

好きなこと無いの!とその後問い詰める親もいますが、はたしてそれまでに好きなことをさせてきたでしょうか?

過去にある未就園児の教室をお手伝いしていたことがあります
親は子どもが幼いときから、禁止の言葉でやる気の芽を摘んでいます

それは危険な行為だったり、自分に取って後で面倒なことになる行為であったり…するのですが、それこそが実は子どもが『今、やりたいこと』『今、興味を持っていること』『今、熱中したいこと』だったりします

もちろん家の中では出来ないことも多いので、それを解放するための場がその教室でした
ここで多くの親御さんが子ども自身に備わっている好奇心や集中力を、客観的に観察できることが出来たと思います

それを見る度に、私も随分子どもの好奇心の芽を摘んでしまったと振り返りました
(ただ、私の場合は反面教師がいましたので…少しは子どもの好奇心に付き合うこともしたつもりです…)

さて、冒頭の好きなことを仕事に…という言葉に対する違和感なのですが
今現在お仕事をしている多くの大人はそれが最初から100%好きだったのでしょうか?

最初は嫌いだった人もいるのではないでしょうか?
例えば家業を継いでいる方も最初は嫌でたまらなかったと言うお話もよく聞きます

私の場合は好きなことが仕事になったわけではありません

振り返って私ごとになります
現在パソコンを使って仕事をしています
同世代の人より少しパソコンが出来るだけですが、そこに至ったお話をします

最初の就職をした時は和文タイプ、英文タイプ、ワープロ(当時出たばかり)を使う仕事でした(タイピングは中学生の時に覚えました)

ワープロの画面の見過ぎによる眼精疲労で焦点が合わなくなる
ひどい肩こりや頭痛が起きるなど、ワープロの画面を見ることが大嫌いでした

そして数年後の再就職先は終日パソコンを見なければならない環境でした
ワープロが出来た経験やその他の経験で入った部署でした

DOSからウィンドウズに変わる頃、一太郎からワードやエクセルへ…
一日中パソコンを見るのは相変わらず大嫌いで、肩甲骨の痛みや眼精疲労に悩まされました

同じ場所に毎日毎日缶詰になりパソコンと機械を相手にする日々
それでも生活のためには辞めるわけにもいきません

数年後に転職したときは毎日違う場所で人に会う仕事を選びました
パソコンが出来る経験は資料を作ったり、メールをしたり、その後ホームページを作ったりすることに役立ちました

途中は端折りますが、私はパソコンに触ることが長い間大嫌いだったのです
指は痛いし、肩は凝るし、眼精疲労もひどいし、やり過ぎると高熱が出ます

ですがいつしか、これはもう嫌いだけどやるしか無いと諦めました
これを使わなければ世界は広がらなかったからです

好きなことが仕事になったわけではなく、大嫌いだけど得意なこと、必要とされていることを仕事にしようと受け入れたというのが本音です(今現在もパソコンを触ることは好きではありません)

好きなことの方が確かに続きますしやる気にもなりますが、嫌いでもやらざるを得なかったことも、やる羽目になったことも、もしかしたら仕事に繋がるかもしれないのです

好きなことがすぐ仕事に…は非現実的

もちろん大好きなことが仕事になればこれ以上いいことはありません
ただそれまでに並々ならぬ努力は必要だと思っています

仕事にするというのはそういうことですし、あわよくば好きなことで稼ぎたいと思うなら、仕事になるまでやるしか無い!とハラをくくってやることだ思います
これを仕事にする!と決めた人が、あれこれ一生懸命に頑張るから、それを成し遂げられる…何でもそうではないでしょうか?

あと、私が仕事をするときに大切にしてきたことは、仕事を通じて誰かに喜んで頂けることの方です
職業が異なっても、提供するサービスが異なっても、誰かに喜んで頂けること(笑顔が返ってくること)に対して一番やりがいを感じました

人からの評価や、感謝は何物にも代えがたいモノです
だからお役に立つことができるのなら、できる限りやらせて頂きたいとこれまでやり続けてきました

小さな起業をするときに、自分のやりたいことを語る人は多いのですが、何で誰にどう喜んで頂くかというビジョンが現実離れしているときもあります

また儲かることの方が優先されて、同じく相手のことが見えなくなっていることもあります
好きな事を仕事に…という点ばかり気にして、誰かの役にたつこと、喜んで頂くことという仕事の本質や、自分の本当の喜びの部分を見失なわないようにしたいものです

自分の仕事のことも、お客様の幸せのことも、どちらも大事なことです
どこでどんな接点を持つのかは何度も何度もシュミレーションして試して、意見を頂いて実現していけるといいですね

仕事の仕組みを作ること、全体を構築すること、そこに私が出来ることでお役に立てることがありましたらサポートさせて頂きます

1年まるごとサポートは5月無料ガイダンス・6月スタートの方をあと1名募集中です

一年丸ごとサポート

一年丸ごとサポート

1年まるごとサポートの詳細はこちら

サポートの中で様々なことをお伝えしています

私たちは好きなことを仕事に!だけでなく、この歳になれば、人よりちょっと得意なことを仕事に!でもいいでしょう
若者には、好きなことや得意になれることはいずれ仕事になるかも知れない、かしら…

好きな事や得意なことでなくても自分のできることを精一杯やって、人に喜んで頂けたらやりがいを感じますし、それがその時、その場での自分のお仕事です

スポンサーリンク



 

インスタグラムに決済機能がつくことで変わる未来図

インスタグラムに広告が入ってきて、アルゴリズムが変わったころから、純粋に楽しめなくなってきたように感じていました

ここに決済機能がつくことで、さらにインスタグラムの場も商戦の場となっていくのかもしれません

ただ、本当にお商売に使うならやはりハッシュタグを付けてただ投稿すればいいという単純なモノでもないようです

もちろんフォロワーの数も増やして行く必要があるでしょうし、なにより共感を生む投稿(写真)、楽しませる写真、面白いと思ってもらえる写真、個性が光る写真や投稿を工夫し慣れければならないでしょう

写真撮影の技術やセンス、画像加工の知識(アプリ等)

そしてお商売の見せ方、や仕組み作りの全体図をますます把握しておく必要があります

ただみんながやっているから、あれこれ手を出しても結局結果に結びつかなければ意味は無く…あれこれやるより最低2つをとことん頑張る方が結果に繋がるかもしれません

結果が出るまでとことんやるという表現の方が合っているでしょうか…
あれこれ一人で抱えても、中途半場になるリスクの方がありますので…

さてインスタグラムに決済機能がつくことは、既存のショップサイトには多少なりとも影響があるかもしれませんね

今後欲しいモノをインスタグラムで検索して、気に入ったものがあれば決済!
となるかもしれません
グーグル検索ではなく…
そうなるとホームページやアプリからの流入に影響があるかもしれません

ただこれはインスタグラムと相性の良い商品やサービス、そしてお客様がインスタ世代で有る場合であって、それ以外はあまり関係ないかもしれません

また商品やサービスがインスタだけでは情報不足と感じられるものは、やはり誘導するショップサイトやHPやアプリが必要でしょう

私たち小さな起業を始めたら最初の接触をどこでするのかをしっかり考えていかなければなりません

ネット検索ならどういった検索か、どこに来てもらうのか
どう繋がるのか(いいね、ファン、読者、メルマガ、LINE@、アプリダウンロード他)
何で信頼してもらうのか(いいねやコメント、口コミ、紹介、実績他)

ゴールはどこか、どんな行動をどこで起こしてほしいのか
何をリピートしていただくのか

等々

リアルに力を入れる方が良い場合もあるでしょうし…
考えることはたくさんあります

戦略構築セミナーをたまに開催しますが、今はほぼ個人的にマンツーマンでお話ししています
>>戦略構築セミナーのこと

1年まるごとサポートの中で必要ならこの全体の構築も取り入れています

一年丸ごとサポート

一年丸ごとサポート

サポートの中で様々なことをお伝えしています

インスタグラムの新機能を将来利用する予定なら、今からちゃんと準備していく必要があるでしょう

 

スポンサーリンク



 

集客も大切だけど一番大切なことは…

何かを始めようとしたときに最初に力を入れることは何でしょうか?

どの業界でも集客は一番気になるところだと思うのです

だから集客講座に人が集まります
集客というワードを入れると人は集まるでしょう

ただもっと大切なのは、集客するまでに作っておかなければならない、お仕事の『仕組み』の方だと思います

そしてもう一つ大事なことはどうやって『信頼』を得るかということでしょう

飲食店で言うところのメニューとお店のコンセプトでしょうか

集客はいわば存在を知ってもらう設定をいかに増やすかに力を入れればなんとかなります
(SNS、リアル、紹介、チラシいくらでも方法があるのでその全てをやり尽くせば何とかなる)

仕組みの方が大切なのは、直接会いに、利用しに、来て下さった方々にどう満足していただき、また利用したいと思って頂くのかという内容が無ければ、せっかく集客しても無駄になってしまうからです

何をご利用頂くのか
何でご満足頂くのか
何を再利用していただくのか

自分が対応出来る人数(キャパ)
適正な価格

ある程度設定しておく必要があります

ある程度…と言ったのは
お客様から方向性やニーズを教えてもらえたり、ヒントを頂くこともあるからです

そのとき素早く方向転換したりメニューを加えたり、内容そのものを改善したり、提供するサービスを形にしていかなければならないからです

そうやって作り上げていくことは時間がかかることだと思っています

最初のコンタクトからお申込みに至るまでの間で重要になるのが、『信頼』していただくことです

それは実績で有ったり、裏付であったり、現場の本当の声であったり、様々です

この人のいう事なら信頼できる
この人のやっている事が私の未来像と同じ
この人が楽しんでいる世界は私が楽しみたい未来と一緒

そう思って頂くことではないでしょうか

自分の見せ方を上手に演出できればいいのですが、できなければ誰かに演出してもらうことが必要かもしれません
そこまでできないのなら、自分を正直に露出するしかないでしょう

『自分がどんな想いで、誰を、どのように、笑顔にしたのか』を正直に伝えることでしょう

SNSやHPにアップする
チラシを配るならそこに掲載する(リンク先でもOK)

そしてそれをひたすら拡散するしかありません

そこにヒットする人が、ズキュンと来る人が、自分の事?と思う人が、来てくださるでしょう

何かを始めようと思うとき、まず集客!と思うのかも知れませんが、内容と信頼関係を誰と結ぶのかを徹底的に考える方が大切だと思っています

集客も大切なのですが、どちらかというと最初の1人、2人に大満足して頂くことの方が重要です

満足して頂けたら、そのリアルな声を伝えることができます
それを見た人が信頼してくださいます
または満足して頂いた方から紹介していただくこともあるでしょう

この信頼関係をちゃんと今まで構築している人がホームページを持つと強いと感じています

構築できていない人は一から見直す必要がありますので、時間がかかります

1年まるごとサポートではどちらの場合も対応させて頂いています

一年丸ごとサポート

一年丸ごとサポート

上記のことをご理解頂いていない方にはサポートの中でお伝えしています

 

スポンサーリンク



 

Over50元気な女性の自分サイズ起業は2パターン

0ver50、女性の小さな起業(自分サイズ起業)というより個人事業

起業というのもおこがましいのに最近その言葉が流行りの様なので使っているけれど…しっくりこないという女性も多いのではないでしょうか

さてその個人事業というか小さな起業のパターンは2つあると思います

よくあるパターンは
・資格を取得して教室・講座を開く(認定資格を提供)
・技術を身につけて人に提供する(サロン系)
・好きな事、興味のあることをとことん極める
・…等

そしてもうひとつは…
・興味のある分野の講師を招いてセミナーを開催する
・人を集めてイベントなど催しを開催する

そう自分が主役になるのではなく、人を主役にする場を提供するというパターンです

私は上記3つも下記2つも全部経験してきたので、1年まるごとサポートも2パターンに分けています(小さな起業1年まるごとサポートはこちら

ただ人に寄っては…仕事によっては…両方の立ち位置を持つ方が良い場合もありますので、そこはあまり明確に分けておりません

さてさて…私は資格を取ったり、勉強したり…興味のあることはハマりますが職人レベルにまではなれません

器用貧乏という、ちょっとかじるとある程度までは出来るようになるけれど、そこで興味は他に移り、結局とことんまで極めたものは無いという人生でした

そしてそれを良くない性分だと思い、人生長い間少し自己否定してきたのでした

が、あるときこの器用貧乏という性分があったから今の仕事ができるということに気が付きました

スポンサーリンク



器用貧乏も才能のうち

器用貧乏って、ちょっとかじると本質が分かるので興味がその先まで続かないのです

好奇心旺盛でいろんなことに手を出します
もちろん手を出すだけでなく、徹底的にある一定期間は集中します

だから資格講座を講師としてカルチャーなどで提供できるまでになりましたし、ある教室を実家や出張で開催していましたし、イベント出店とネットショップもやってきましたし、それらは皆バラバラでしたがある程度まではモノにしてきたつもりです

そしてその一方で活動に必要な勉強をしたくて、講師を呼びセミナーや勉強会を開催してきました

また取った資格を生かしたくてイベントに参加してきましたが、生徒さんが出店する場を作りたくてイベントを開催してきました

2つの立ち位置は全く異なりましたがそれぞれに勉強になりました

ただそれぞれの世界の頂点までは極めませんでした

器用貧乏の才能を生かすには

器用貧乏は悪いイメージがあったのですが、それは1方向からしか見ないからで、違う側面から見ると一種の才能だとある時に分かりました

色んな経験があるから、多方面のジャンルの本質を掴むことができます
その才能を生かすには、どんな仕事がいいでしょう

たとえば、人をプロデュースすることだったり、人の見せ方を考えることであったり、人を紹介する(繋ぐ)ことだったり、またいろんな講師が活躍する場を作ることだったり、多種多様なイベントを主催することだったり

要は一つのことに特化したことをするのではなく、多種多様なことをまとめるときにその才能を発揮できるのではないかと思うのです

さて、話は大きく脱線しましたが…
Over50女性の小さな起業のパターンの後者について考えます

小さな起業の別の立ち位置が向いている人

・興味のある分野の講師を招いてセミナーを開催する
・人を集めてイベントなど催しを開催する

自分が主役になるのではなく、人を主役にする場を提供するということで人と人をつなぐお仕事(最初は仕事にもならないかもしれません)が向いている人

案外、器用貧乏な人が向いていると思います

人と人を繋いだり、学びを提供したり、場を作ったりということは、全体が見渡せる立ち位置にいなければ、なかなか出来ないことです

1つの事を極めた職人さんには全体を見渡す立ち位置はおそらく分からないでしょう

器用貧乏で色んな事を程よく楽しんできた人は、その才能を生かしませんか?

その自分が楽しいこと、好きなこと、興味があることを人に紹介したり、人を巻き込んだり、その先を考えたり…
それをやりたいか、やりたくないかだけを感じ、考え、行動してみたらその先には何かがあると思うのです

ただそれが個人事業として仕事になるかどうかは分かりません
仕事になるかならないかで判断していたら、自分の本質を見失ってしまいます
参考までに…好きな事が仕事になったわけではないという話⇒好きなことと仕事のこと

行動しないうちから保障された仕事(収入)を求めるなら、個人事業などは諦めておいた方が良いと思います

諦めたくないのなら、収入は確保しつつ、自分の才能を発揮できるステージを自分で作っていきましょう

夢・未来創造サロンを運営しませんか

1年まるごとサポートのもう一つの方、夢・未来創造サロンを運営しませんか?はそういった夢を実現させていくためのサポートです

自分のステージを自分で作っていきましょう

スポンサーリンク



修正したアメブロ記事がFacebookに修正されてシェアされない件

アメブロをお使いの方は多いと思います
アメブロは少しずつ便利に進化しています

少し前にはFacebookに外部サービス連携機能を使ってシェア投稿出来るようになりました
また自分の持っているFacebookページを選択してシェア投稿できるようにもなりました
(※便利だったこの機能はFacebook社の連携投稿機能の終了に伴い2018年7月24日に終了するそうです(2018.7.5発表)ただ、投稿完了時のFacebookシェアボタンはあるので今後はこちらのボタンでシェアする機能だけしか使えません)

自動シェア投稿はメリットよりデメリットの方が指摘されており、FBにちゃんと記事を書いて投稿する方が拡散しやすいとは言われておりますが…
人は楽をしたいものなのです

私もシェア投稿してしまいます
ただ、シェア投稿した際にせめてFBに一言追加するようにはしています

さてシェア投稿の際に写真や画像を投稿されていると思うのですが
思ったようにブログ投稿の写真が大きな画像でシェアされていないときがあります

そのときはアメブロの記事作成画面に戻り、画像を選択しサイズを大にして投稿すると大きく表示されることがあります

画像サイズ中から画像サイズ大にすると(元画像のサイズにもよりますが)、Facebookに画像が大きくシェアされます

また記事にこの大きな写真が無い状態でブログをFacebookにシェアすると、プロフィールの写真やバナーなど他の画像が勝手にアップされてしまいます

そのときは大サイズを選択した画像を入れて記事を修正して再度アップしますが、すぐにシェアしても写真が反映されない場合があります

またそれと同様で、タイトルを変更して再度投稿し、Facebookにシェアしなおしたのに、変更したタイトルが反映されない場合があります

このときはシェアデバッカーツールを使います
https://developers.facebook.com/tools/debug/

ここにシェアしたい修正済みの記事のURLを入力しデバッグボタンを押します
そうすると前回投稿したタイトルで記事の詳細が表示されます

そこで「もう一度スクレイピング」をクリックします
今度は修正したタイトルが表示されます

この後で再度Facebookに新たにシェアすると新しい情報が投稿されます

私自身がブログを修正して再度FBでシェアするときに使用するので覚え書きとして投稿しておきます

ちょっとだけややこしいお話ですが、Facebookにキャッシュが残っているので記事を修正してもそのままでは修正した記事がすぐアップされないということです

また大きな写真しかシェアされないというのは、OGPの関係です
アメブロの場合、画像についてはOGP設定する代わりに、大きな画像サイズで投稿するとその画像をFacebookが選択してくれるということです

そんなお話もまるごとサポートの中でお伝えしています

1年まるごとサポートサポートはこちら
独立・小さな起業・ステップアップを1年まるごとサポートします

まるごと1年サポートは現状様々です

無料ガイダンス開催中です
梅田でのガイダンスはこちらから
高槻でのガイダンスはこちらから

上記からお問い合わせください
出来ること出来ないことがありますので最初にしっかり説明し、ご納得頂いた上でお申し込み頂いております

そして月に2名までしか受け付けておりません(1名の時もあります)

スポンサーリンク



言葉の重みと説得力は経験の差だけではない

言葉に重みがある人は、人に語る言葉に深みがあります
また語る言葉に説得力もあります

言葉に重みがある人が語ると説得力もあるので営業やセールスなどの場面でも相手を納得させる力があります

では言葉に重みがある人(説得力がある人)とそうでない人ではどこが違うのでしょう

そもそも言葉の重み(説得力)とは何でしょう

借りてきた言葉だけ、習ったことだけを語ってもおそらく全然重みは無いでしょう

講座をしていた時は、一般的な本やテキスト通りの事が語れるのは勿論ですが、それ以外の関連する知識をめいっぱいかき集めていました

そうやって背景に100があって初めて1が語れると思ったものでした

人が語った言葉、本で見かけた言葉、それをそのまま語っても薄っぺらい講座になるので、自分なりに集めた情報や専門的な知識を、さらにさらに上乗せしておきました

そして場数を踏んで経験値も上げておきました

相談業務をしていた時は実体験はいくらでも語れるほど持っていましたが、正しい知識やその周辺の情報を徹底的に集める必要がありました

時にはお客様から教えて頂くこともありました

とにかく勉強を続けて1を語る背景に100を持っておく必要がありました

どこから突っ込まれても大丈夫なように用意をしておくような状態かもしれません

そして言葉の重みや説得力の差というのは、この背景に積み重ねた情報や実体験の差ではないかと思っています

詐欺師やペテン師はその辺りを徹底的に勉強するのでしょう
ある意味頭がとってもいいのだと思います

ペテン師レベルにまで説得力を持たなくてもいいとしても、せめて50代、60代の方は語る言葉に重みがある方がいいのではないでしょうか?

特に個人事業主さんとして何かをしている方はお仕事をする上でも有利だと思います

語る言葉に重みがあるというのはある意味生き方そのものかもしれません

言葉に重みがある人の生き方は、地に足がつき、さらに行動力を伴っています

逆も然りで、しっかり生きてきた人はそのブレない生き方という経験があります
だから経験から語る言葉には重みがあるはずです

スポンサーリンク



言葉の重みは経験の差だけでは無い

では誰にでも生きてきた人生の中に様々な経験があるのに、どうして言葉の説得力や重みに差があるのでしょう

何も個人事業主だけでなく、立派な立場の人でなくてもです
普通の人でも語る言葉に差があるのはどうしてなのでしょう

それは、経験した後の違いかもしれません

その経験をどう受け止めて自分の中でどう向き合ってきたのか…
それを明確に見つめたり、自分の言葉として文章にしてきたかどうかの違いではないかと思うのです

今になって分かったことなのですが、ある勉強をしていた中で、自分自身に質問を向ける時間の大切さを教わったことがありました

その時はよく分からなかったのですが、人に影響を与える人は自分自身と向き合って、日々自分に質問し、それに答えをしっかり出してきた人だという事でした
人に影響を与える人というのは、その言葉に重みがあり説得力がある人ということではないでしょうか

つまり、人の言葉、借りてきた言葉や知識、本などで見た文章などの引用は、悩んでいる時や困った時に役には立つのですが、それは自分のモノではありません

自分の言葉にするには、日々自分に問いかけ、経験や自分の中から想いや言葉を出して、書き留めておく作業を積み重ねる必要があります

一定期間だけでも毎日すると何かが変わります
それを何年も続けていると、ブレない言葉が自分の中にあることに気付きます

自分の言葉を自分の中にしっかり持っていると、人に何を言われてもブレなくなるでしょう

さて、では問いかける質問は何でしょう…
これは色んなところで見かけますが一つ二つだけ優しい質問を載せておきます

・何をやっていると楽しいか、幸せか…
・自分がこの世に貢献できること、自分の才能や、創造力、可能性

そんなところでしょうか
自分と向き合って自分の中の自然に出てくる答えは間違いなく自分の言葉です

何度も何度も問いかけているうちに、人に受け入れられるために口にする言葉では無く、自分の魂が感じる言葉が徐々に出てきます

本当の引き寄せやチャンスは自分がまずしっかり望むこととアンテナを張ること

また本当にやりたいこと、必要なことを考えることはアンテナを張ることにもなります
そうすると、「あっ」と気になる事が、引っかかってきます
この引っかかった瞬間の直感に従って行動するとシンクロが起こるとも聞きます

また直感に従ったときの行動力は勢いがあります
シンクロが起きても不思議ではないでしょう

自分と向き合わない人は、人のやり方や人の情報をマネすることになります
自分の魂のアンテナを張らないので、本当のきっかけにも気づきません
そうすると直感も来ませんし、行動もしません
行動したとしても勢いがありませんし、人のマネでしかありません

それでは言葉に重みが無い生き方になってしまいます
お商売をしても、ブレてしまうので上手くいかないかも知れません

だから、先ずは自分と向き合って自分の言葉をたくさんストックしておくことをお勧めしています

>>小さな起業に必要なのは自分にしかない経験の価値に気付く事

個人事業主さんは自分自身が商品でもあります

言葉の重みや説得力も大切ですが『経験』という価値もまた大切です

スポンサーリンク



 

頭で学ぶ・行動で学ぶ

頭で考えることと行動すること、その両方が学びとなります

頭で考えることはただの知識だけでしかありません
だから実際に行動したときに想定外のことが起こります

それに対応することでさらなる学びとなります
そしてそれは自分だけの学びでもあります
ノウハウや知識だけ学んでも行動しなければ何も身に着かないということです

日常の中で自分自身が心動かされるモノや出来事からも、学ぶことはできます

少しだけコツがあります
それは視点を上に上げ、視野を広げて見ることです

自分が心動かされたとき、感動したとき、惹かれたとき、自分の感覚にだけいるのでは学びにはなりません

自分が何のどこのどの部分に心動かされたのかを、対象物と自分を客観的に見て知ろうとするだけで十分学びになります

表面的なことを真似るだけでは上手くいかない

たとえばリピーターの多いサロンがあったとして、そのお店がやっているキャンペーンやサービスを真似してもおそらく上手くいかないでしょう

それは表面的なことしか真似していないからです
真似したら上手くいくという考え方そのものがとても浅いと思うのです

それでは本や人の話から得た知識だけで上手くいくと思っていることと同じです

ただ、行動することは大切なのでやらないよりはやってみて、上手くいかないことを経験してみることは重要です
上手くいかなければ上手くいくまでチャレンジすればいいことなのですから

さて、上手くいっているお店のことを本当に知りたいのなら、自分自身が客となりどんなサービスのどの部分に何を感じ、どう思うのかを体験するのが一番良いでしょう

ただ体験するだけでは学びにはなりません

お店とお客様との関係を客観的に見て知ること
お客様の立場からお店のどの部分が魅力なのかを知ること
お店の立場からお客様をどのようにもてなし、どんなサービス精神を持っているのかを知ろうとすることでしょう

上手くいっているお店には他には真似できないような信念などもあるはずです

そういったことを知ろうとせずに、表面的な部分だけを真似しても、やはり上手くいかないと思うのです

学びは自分の周りや日常にたくさんある

たとえばあるセミナーの告知に心動かされ参加したいと思ったとします

その告知や内容のどの部分に自分が反応したのか、まず自分自身を見つめてみることが一番の勉強になるはずです

そう考えると、視点を上げて少し自分から離れて客観的に、明確に、冷静に見つめることは一番の学びになります

自分や人はそのどの部分に心動かされているのか
自分や人はそのお店の何に惹かれていくのか

視点を自分から少し離すだけです
視点を上に上げて視野を広げるだけで見える景色が変わります

もし視点を上に上げたり自分から離すことができないときは、頭で考えすぎて自分しか見えなくなっているときかもしれません

自分中心に考えたり、自分のことだけで焦ってしまうとき、自分しか考えられない自分から少し距離をおくには、どうすればいいのでしょう

考えすぎる状態では無い自分になることです

素の自分が感じる事、反応する事、感動する事
楽しい、可愛い、キレイ、心地よい、嬉しいと感じる事
自分の身近なところに小さな感動を見つける事
そういう時間を取るだけでも、フラットになれます

そうすることで自分を客観的にみつめることができるでしょう
自分がどういう人間かが分かるでしょう

頭で考えて分からない時は、行動することです

頭で学ぶこと、行動から学ぶこと、その両方が大事でしょう

 

スポンサーリンク



 

直接面談やスカイプ指導で気付いたブラウザのこと

先日より梅田や高槻で直接面談、指導し、また遠距離の方はスカイプで対応、指導しています。

その中で何点かおそらく他の方も直面するかもしれないWebの困った!を忘備録的に書いておきます(2018年3月1日)

フェイスブックページ

何名かのフェイスブックページのタイトルやカテゴリー変更時、変更できない事例がありました

フェイスブックのタイトルは『ページ情報』から『基本データ』、一般、名前の編集から新しい名前に変更することができます

すぐに変更が反映されず数時間から数日かかる場合もあるようです

アメブロからフェイスブックページに自動投稿している場合、名前変更してすぐはシェアできないようです

あと名前の前の『カテゴリ』の変更に手こずっています

最初に手こずったのは、例えばローカルと入力しても、まったく異なる言葉が入力されてしまうという、いわばバグのようなケース
この時期フェイスブックの機能の一部が英文になっていたり不安定でしたので、数日様子見てることにしました

そして数日後に再チャレンジしました
その時はローカルと入力すると『ローカルビジネス』という選択肢が出てきましたので、ようやく変更できると思いましたが、選択は出来ても保存が出来ないというループに陥りました

ネットで調べてもそういうケースが山ほど上がってきていました
これといった解決策も無かったので、これも再度様子を見ることにしています

スポンサーリンク




 

アメブロ

フェイスブックとの連携機能ですが、ちゃんと連携してあるのに反映されないことが続く時は、一度アメブロ側で連携を外してから、再度連携すると設定出来たケースがありました

他のウィンドウでフェイスブックにログインしたまま、アメブロのブログ管理、設定管理、外部サービス連携、でフェイスブックアカウントを設定できます

設定してあっても時々何かのきっかけで設定が外れてしまう事があるようです
どちらかのアップデート後なのかもしれません

あと、メッセージボードの入力画面に、太字やリンクを貼るための操作キーが表示されないケースがありました

ブラウザを変えると治りました

Microsoft EdgeとGoogle Chromeでは表示されませんが

Fire Foxでは表示されます ↓ほら…

対策としてはブラウザを変えるか、記事を投稿するページでメッセージボードに書き込む内容を作成し、HTMLに切り替えてそれをコピペして、メッセージボードに貼り付ける方法のどちらかでしょう

Jimdo

Jimdoはホームページを作成する画面から、左上の方にダッシュボードに入るリンクボタンがありますが、それが無い!というケースがありました

これもブラウザの問題でそのケースでは、ご利用中のInternet ExplorerをFire Foxに変更して、ログインして頂くとダッシュボードがありました

このケースだけでなく前々からJimdoとInternet Explorerの相性はよくないので、作業していただくときはFire Foxか、Google Chromeでお願いしています

Microsoft Edgeに関しては私があまり使っていないので検証できておりません

ではどのブラウザがいいのでしょうか?

これがまた一概には言えないのです

上記にあったケースではInternet ExplorerやGoogle ChromeよりFire Foxが良いかもしれないと思えますが、これもケースバイケースなのです

先日Jimdoで作業中に、Fire Foxだけにこのようなケースもありました

Firefoxだけページ内も、別ページへもアンカーリンクがずれる件

またWixのホームページがFire Foxだけ崩れて見える、画像が表示されないなどのケースもありました

そんなこともありますので、どれがいいとは一概には言えません

とにかく何かの作業中に不具合が生じた場合などは
・時間をおいてみる
・ブラウザを変えてみる

という選択肢も頭に入れておいた方が良いかと思います

現にフェイスブックやJimdoで『○○ができない!』、『△△がおかしい!』と言うケースでは、時間を置くだけで解決する時も多々ありましたので

あと見るブラウザによって見え方、フォントの大きさなども多少変わります
枠線の見え方が多少変わる場合もあります

パソコン画面とスマホ画面の確認だけでなく、時々はいろんなブラウザでの確認作業も必要かと思います

Over50、パソコン苦手な女性の活躍を応援しております

『独立・小さな起業・ステップアップを1年まるごとサポートします』

1年まるごとサポートでは、Webツール(ホームページ、ブログ、SNS)の構築や活用から、ちょっと聞きたい、教えてほしいというところまで対応しています

スポンサーリンク



 

Over50世代共通の見えない未来への不安

最近同じようなお話を数名から伺う機会がありました

見えない未来への不安と焦り…
Over50世代共通のものかも知れません

若いときには考えなかった『老いていく将来』が現実的になる年代です

私自身も、先日高熱が続いたときに、布団の中で様々なことを考えました

これから身体も今まで通り動かなくなることや
今と同じ事が、あと何年できるのだろう…とか

いつまで健康で生活できるのだろう…
最後の直前まで私はどんなふうに生きているのだろう…とか

時間に限りがあるのなら、もう嫌なことよりやりたいことだけに集中したい…とも

そんなことを考えながら、あらためて残りの時間のことを考えていました
残り時間を無駄にはできないという焦りも湧いてきます

おそらく同世代の方は同じような焦りをお持ちなのではないでしょうか

そして、見えない未来への不安も抱えていることでしょう

今現在お勤めの方は定年近くになるとその後のことを…
お仕事をお持ちの方はいつまで続けられるのかということを…

ただ残念なことに、完全に保証された未来はどこにもありません

スポンサーリンク



少しでも保証された未来が欲しくて私たちは保険をかける

たとえば保険
子どもが大きくなれば学費がいるから学資保険や生命保険に入り、先の保証を手に入れます

たとえば資格
手に職があった方がいいから、少しでも先の保険になれば…と資格を取る人もいるでしょう

ではOver50世代は…
保険、貯金、手に職、家…確かにあるに超したことはありません

ただ、あったとしてもどれくらいあれば完全に安心と言えるのでしょうか?

世界規模で考えたら、将来環境やお金の価値そのものが変わっているかもしれません

職も時代とともに流行廃りもあるかもしれません
古くなった家のメンテナンスにお金がかかるかもしれません

戦争や自然災害、突然の病気や事故
予測不能なことが起こる可能性は0ではありません

まずは完全に保証された未来はどこにもないということを受け入れなければなりません

どんな準備をしたとしても…です
そこは諦めなければならないのでしょう

勿論、貯金や保険、資格など先への保証、準備を否定はしません

完全に保証された未来が無いのなら、残り時間は、せめて自分が生きたいように生きること…
そこに全力で集中したいと思いました

最後の時から逆算する

では最後のときに私は何を思うのでしょう

そのとき、私は何を大切にしているのでしょう
そのとき、私は思うように自分の人生を生きた、後悔はなかったと思っているのでしょうか

自分の人生を生きるには自分の価値感を貫いたらいいのかな…と思っています
(人に迷惑をかけないのは大前提ですが…)

人の言うことに振り回されず、自分にウソをつかず、しっかり信念を持って誠実に
そして残り時間に限りがあるのだから『自分』に喜びを与えることを大切にしたいと思います

自分が大切に思うことを、人がなんと言おうが大切にして
自分がやりたいと思うことを、人がなんと言おうがやりぬいて

自分が楽しいと思うことを、人がなんと言おうが楽しんで
今をしっかり『自分のため』に生きたいと思うのです

それは自分勝手に生きるということではなくて…
決して贅沢に生きるということではなくて…
また欲求のままに生きるということでもなくて…

不器用でも、失敗しても、回り道をしても…
人の意見に振り回されずに、自分の思うように生きて…
自分に喜びを与えること…これは自分にしかできないことです

たとえそれがネコと過ごすだけの一見無駄なように見える時間であったとしても、その大切な時間そのものが私の人生です

私たちは人の意見に振り回されて『人のため』に生きているのではありませんから

価値感の違いで時間の『無駄』も異なる

将来なんの保証に繋がらなくても、今やりたいことをやることは、残り時間を無駄に過ごすことではありません

最大の無駄に過ごすというのは何もやらずに過ごすことではないでしょうか?

例えば資格を取る人と、それを見て将来何になるの?と言い自分ではやらない人と…
例えば趣味に集中している人と、そんなことお金にもならないと言う人と…

人のためにお金にもならないことをする人と、何もしない人と…

価値感が『お金が一番大事』と言う人は、お金にならないことは全て時間の無駄というでしょう

最後の時から見た視点では、私は自分の思うようにやりきった!と言える時間を過ごしたいと思います
それがお金にはならなかったとしても、やりたいことを楽しむ充実した時間、勉強することに集中する時間、或いは行きたいところに行く時間など、私が自分で選択し自分で選んだ時間を過ごせたのなら、それは無駄ではありません

それをしたこと自体が、そのように生きたことそのものが、自分の人生の価値であり財産だと思っています

勿論老後の資金は必要なのでそれも考えながら、ただ完全な保証はないとどこかで諦めながら…
自分の人生を生きることを、ますます大切にしていきたいと思います

他人から見たら無駄としか思えないことに、本来人は集中できるものであるはずです
小さな子どもがそうであったはずです
ただ残念なことに大人になるにつれ価値感をすり替えられて、その能力は奪われていくようです

思い出したければ、自分の感覚をしっかり感じることとから始めるといいかもしれません
或いは人生の棚卸し作業をすることからも(ただし真剣に)ヒントが得られるかもしれません

残り時間を自分の人生を彩るためにぜひ使いたいものですね

 

スポンサーリンク



 

Firefoxだけページ内も、別ページへもアンカーリンクがずれる件

先日Jimdoでホームページを作成していたときに困った問題について…

同ページへのアンカーリンクと別ページへのアンカーリンクの設定をしていた時です
nameではなくidなのだとか・・・

いちおう以下で指定してみたのだけど

<a id=”anchor1″ name=”anchor1″>アンカーリンク元1</a>
<a id=”anchor2″ name=”anchor2″>アンカーリンク元2</a>

<a href=”url#anchor1″>(urlのページの)アンカーリンク先1はこちら</a>
<a href=”url#anchor2″>(urlのページの)アンカーリンク先2はこちら</a>

ひとつ、ふたつまではちゃんとリンク先に飛ぶのに、3つ目、4つ目はページの下部まで飛んでしまうという現象に当たりました

どうもFirefoxだけの問題のようで、IEやクロムで見ると問題無くリンク先に飛びました

で、『Firefox アンカーリンクがずれる』で調べると、質問とそれに対する解決方法がたくさん出てきました

やはりFiewfoxだけ、1つ目、2つ目まではちゃんと指定の場所に飛ぶけれど、3つ目あたりからページの下部に飛んでしまうという現象が…

簡単な解決法は一通りためしてみました

文字をいれたくなかったので
<a id=”anchor1″ name=”anchor1″></a>で指定していたら、それはダメという意見もありました

<a name=”anchor1″ id=”anchor1″></a>で指定しても、文字を入れても解決しませんでしたが…

ヘッダーのサイズが関係しているとかいうのもありました

それに伴う難しそうな解決方法も載っていました

</head>の前に長ったらしい記号を入れる方法や、前ページのcssに追加をする方法など…

2010年くらいから同じ質問があるということは、Firefoxのこの問題の根本的なこれという解決方法が無いように思います

できるだけ新しい情報を選択してみましたが、私には難解でそこまで出来ませんでした

で、躍起になって調べて調べて、結局解決できずに一旦その問題は諦めてしまいました

その後、この問題のページの情報が多くなりすぎているので、すっきりさせたい!と思いまして、別にページを作り、ある部分だけをごっそりそちらに移動させました

つまり、問題のページが短くなったということ…

そうしたらアンカーリンクも全然問題無く飛ぶようになりました

一番簡単な解決方法は、ページを短くする方法でした

ただ同じJimdoで以前に作成しているモノでは、もっと長いページにアンカーリンクを10個以上貼っています(今のレスポンシブデザイン)

サロンバスケットの教室・サロン紹介ページ
こちらではFirefoxでも問題なかったので、選んだデザインに寄るのかも知れません

Jimdoではもう随分前からヘッダーの概念はありませんので…

また様々な質問も別にJimdoだけの問題でもありませんでしたので…

よく分かりませんが問題が出るデザインとそうでないデザインがあるのは確かです

あれこれ試して解決しないときは、ページを短くするのが一番早いと思います

こんな解決方法でごめんなさい

自分のための覚え書きとしてここに載せておきます

スポンサーリンク



 

 

Introducing the new Search Console (beta)というメール

少し前に、Google Search Console Teamから『Introducing the new Search Console (beta)』というタイトルのメッセージが届いていました

サーチコンソールに登録しているサイト管理者へ新しくなったサーチコンソール(ただしbeta版)の案内メッセージです

ということらしいのです…

サーチコンソールはいくつかサイトを登録してあるので、その全てにメッセージが届いていました

その一つを開けて確認してみたところ、まだ全ての機能が移行されているわけではありませんでした
でもまあ、サーチコンソールで最低限知りたいデータはあるので、私を含めサーチコンソールをちょっと利用するだけの人には、シンプルで逆に良いかも知れません

ステータス>パフォーマンスのページに移動します

期間も選べます

合計表示回数、平均CTR、平均掲載順位をクリックすると、数値や検索ワードが下に表示されます

検索ワードでの掲載順位や表示回数、そのうちクリックされた数
これくらいが分かれば十分かと思います

そして、左下に『以前のバージョンに戻す』という表示がありました
なのでクリックすると、以前のサーチコンソールの画面に戻りました

 

ちなみにこの画面で『検索アナリティクス』をクリックすると…

検索アナリティクスのページに移動します
ここが新しくなったサーチコンソール画面の、ステータス>パフォーマンスのページと同じ情報が載っています

表示回数、CTR、掲載順位をクリックすると…

先ほどと同様…検索ワードでの掲載順位や表示回数、そのうちクリックされた数が表示されました

私もそんなにデータをしっかり分析して活用しているわけではありませんが…
自分のサイトがどのような検索ワードで検索されているのか、たまに調べてみることはあります

一応サイトを作るときには、どんな検索ワードでサイトに訪れてほしいのかをクライアントとも相談しながら作っておりますので…

ホームページを作成させて頂いたときに、数回目のフォロー時にそのことは説明させて頂いております
ただし、それはご本人の理解度に応じて…です

すぐに説明するより時間が経過してからの方が良い場合もありますので…

その代わり、こんなふうにホームページに掲載しております
あとから確認していただけるようにしているのです

グーグルサーチコンソールに登録する

一年まるごとサポートの中にもその説明は入れております
こうやって書いておくと自分への覚書にもなります

スポンサーリンク



 

50代女性の小さな起業は特別なことでなくていい

『起業』という言葉を使うから難しい取り組みの様になってしまっているような気がします

『自営』『個人事業』『副業』…そんなところからで良いのではないでしょうか

『起業します!』というと何か特別なことを始めなくてはならないような…
他に誰もやっていない特別な新しいことを始めなくてはならないような…

そんなふうに勝手にハードルを上げているようなイメージがあるのは私だけでしょうか?

資格を生かして個人事業主としてやっていくことだって起業です
ネットショップを始めるのだって起業です

○○教室を自宅で始めるのだって起業といえば起業です

何も特別なことではなくて、Over50世代の母親が自宅でやっていた小さなお商売やお教室だって、そんなに変わらなかったでしょう…

考えてみれば昔から家事や家業の傍ら、『ちょっと教えて~』とお願いされるようなちょっとした特技が、主婦にとってはお小遣い稼ぎになっていたはずです

私の起業と主婦のお小遣い稼ぎと一緒にしないでよ!と言う方には申し訳ございません

最初の一歩のお話なので、そこはハードル低くしてお話ししています

特別な技術、それこそ国家資格が必要な専門職はともかく、それ以外は自分の特技や得意で人の役に立足せて頂けたら有り難い…そんなところからのスタートで十分だと思っています

ネタは身の回りにたくさんあるのに、ハードルを上げているのは自分に他なりません
最初から成功させなければ!という先入観さえ取っ払えば誰でも気軽にチャレンジできます

そんな身の回りのネタでお金をいただく例などをいくつかお伝えするメルマガです
【自分サイズ起業のタネを見つけよう(全9通)】

気になる方はご登録ください
こむずかしい文章ではありませんが、1通1通でしっかりお伝えしたいので、けっこうなボリュームです

話はもとに戻します
小さな起業は、誰でも気軽にチャレンジは出来るのですが…

ただ!(ここは重要)

人様からお金を頂く以上は、メールや対面でのやりとりはプロフェッショナルでありたいものです
約束の取り決めもグダグダ…
やりとりもグダグダ…では、そこから次へと広がりようがありませんから

お友達が良いと思っていても、紹介するとなると『ちょっと躊躇する…』では次がありません

そこに関してはOver50、今まで接客業のひとつやふたつ経験がおありでしょう
Over50、事務作業のひとつやふたつ経験がおありでしょう

その経験をフルに発揮すれば、プロフェッショナルな対応は出来るはずです
そこは自信を持てる経験を生かして、神対応とまでいかなくても大人の対応を見せてください

それから人様からお金を頂く以上、しっかり責任も伴うものだと自覚したいものです

クレームにも寄り沿う対応をする覚悟で心ある対応をすれば大丈夫です

いい歳をした大人は甘えずに、大人の対応をし、責任者は自分であることを自覚したいものです

やっていることは小さな小さな起業だとしても、社会的にひとつのお店・看板を持つという覚悟で臨み、コツコツと積み上げて行けば、その先に独立している自分の姿をみることができるでしょう

さあ、自分にはどんなネタがあるのか自分を見つめ直すところから始めましょう
【自分サイズ起業のタネを見つけよう(全9通)】

資格を生かして独立開業するときも、この自分の中のネタを探しておくと、他と差別化できますから…
小さく小さく始める時から自分だけの優位性というものはぜひ探しておいてくださいね
それは何も仕事のジャンルだけでなく、もしかしたら自分の趣味の中にあるかもしれません

起業前後のヒント・アイデア
行動・思考・覚悟・本音

他にも上記のタグから、参考になりそうなコラムをお読みいただけると幸いです
難しい事は書けませんが、これまで様々な個人事業主さんとお会いしてきました

自分もいくつかのことを同時並行でやってきました
時代が変わっても、いくらインターネットがすすんでも、本質的な部分は変わらないものではないかと感じています

スポンサーリンク