WordPress5.2が利用可能で困っているphpのこと(覚書)

今回はホームページのことで、困っているので自分への覚書です

ホームページをいろんなツールでお試しがてら作っています

それでも初心者向けにはJimdoが設定しやすいと思っています

Wixもいいのですが…、あとはペライチや他にも新しいツールが増えました

サクッと入力するだけで作れるようになってきているようです

そんな中で、よく耳にする言葉「Word Pressが良いんだってね」

どこかで誰かに聞いたからそう仰るのですが、どこがどのように良いと聞かれました?と質問すると、大抵「いやよくわからないけど良いって聞いたから…」

それでは、その人にとってどのように良いのか説明することが出来ません

さて、ここではその話は横に置いておきまして、今回困ったphpのことを覚書として書き留めておきます

先日から、Word Pressのバージョンが大幅に変更されました

私の持っているサイトの一つはすんなり変更できたのですが、もう一つの方はphp5.3なので変更できないとの表示がされました

先にphpを5.6以上に変更してから行えと言うことです

(ちなみに今はphp7.0以上が推奨されています)

ところがphpの変更は何が起こるかわからない部分もあり、軽くできるものでもありません

レンタルサーバーの方で、変更作業をするのですが大きなネックが一つありまして、php5.3から5.6に変更したら、元に戻すことが出来ないと言うことなのです

5.6から7.0に変更した場合は元に戻すことができるのですが、5.3から5.6に変更した場合は何があったとしてもサーバーの方では元に戻せないと言うことです

手作業でやれば良いのかもしれませんが、そんな難しいことは私には出来ません

ホームページのバックアップはとっているのですが、そもそもphpって何?くらいの知識しかありません

こんなややこしいこと、書いているだけで迷路に迷い込んだ気分です

さて、では何か解決法がないものかと調べていましたら

PHP Compatibility Checker」というプラグインで、php5.3から5.6に変更して不具合がないかどうかのチェックができるとのことでした

ですので、とにかくそのプラグインを入れて、スキャンしてみたところ問題はなさそうでしたので、勇気は要りましたが5.6に変更してみました

変更してみたのですが…結局サーバーでの変更作業が完了しませんでした

諦めてphp5.3のまま使うしかありません

ということはこのサイトの管理画面にはいつまでも「WordPress 5.2 が利用可能です ! 今すぐ更新してください。」と表示されたままということになります

「Word Pressが良いらしい」と聞いた人は、以上のことの意味が分かるならお勧めします

分からないのでしたら、専門の方に管理してもらいながら使われることをお勧めします

当然バージョンアップの都度、管理作業料をお支払いすることになります

つまりは、そういうことなのです

最終的に、誰に取って良いのかということです

スポンサーリンク