50代女性の小さな起業は特別なことでなくていい

『起業』という言葉を使うから難しい取り組みの様になってしまっているような気がします

『自営』『個人事業』『副業』…そんなところからで良いのではないでしょうか

『起業します!』というと何か特別なことを始めなくてはならないような…
他に誰もやっていない特別な新しいことを始めなくてはならないような…

そんなふうに勝手にハードルを上げているようなイメージがあるのは私だけでしょうか?

資格を生かして個人事業主としてやっていくことだって起業です
ネットショップを始めるのだって起業です

○○教室を自宅で始めるのだって起業といえば起業です

何も特別なことではなくて、Over50世代の母親が自宅でやっていた小さなお商売やお教室だって、そんなに変わらなかったでしょう…

考えてみれば昔から家事や家業の傍ら、『ちょっと教えて~』とお願いされるようなちょっとした特技が、主婦にとってはお小遣い稼ぎになっていたはずです

私の起業と主婦のお小遣い稼ぎと一緒にしないでよ!と言う方には申し訳ございません

最初の一歩のお話なので、そこはハードル低くしてお話ししています

特別な技術、それこそ国家資格が必要な専門職はともかく、それ以外は自分の特技や得意で人の役に立足せて頂けたら有り難い…そんなところからのスタートで十分だと思っています

(こちらもお読みください⇒貴女の持っているノウハウを商材にしませんか?

ネタは身の回りにたくさんあるのに、ハードルを上げているのは自分に他なりません
最初から成功させなければ!という先入観さえ取っ払えば誰でも気軽にチャレンジできます

そんな身の回りのネタでお金をいただく例などをいくつかお伝えするメルマガです
【自分サイズ起業のタネを見つけよう(全9通)】

気になる方はご登録ください
こむずかしい文章ではありませんが、1通1通でしっかりお伝えしたいので、けっこうなボリュームです

話はもとに戻します
小さな起業は、誰でも気軽にチャレンジは出来るのですが…

ただ!(ここは重要)

人様からお金を頂く以上は、メールや対面でのやりとりはプロフェッショナルでありたいものです
約束の取り決めもグダグダ…
やりとりもグダグダ…では、そこから次へと広がりようがありませんから

お友達が良いと思っていても、紹介するとなると『ちょっと躊躇する…』では次がありません

そこに関してはOver50、今まで接客業のひとつやふたつ経験がおありでしょう
Over50、事務作業のひとつやふたつ経験がおありでしょう

その経験をフルに発揮すれば、プロフェッショナルな対応は出来るはずです
そこは自信を持てる経験を生かして、神対応とまでいかなくても大人の対応を見せてください

それから人様からお金を頂く以上、しっかり責任も伴うものだと自覚したいものです

クレームにも寄り沿う対応をする覚悟で心ある対応をすれば大丈夫です

いい歳をした大人は甘えずに、大人の対応をし、責任者は自分であることを自覚したいものです

やっていることは小さな小さな起業だとしても、社会的にひとつのお店・看板を持つという覚悟で臨み、コツコツと積み上げて行けば、その先に独立している自分の姿をみることができるでしょう

さあ、自分にはどんなネタがあるのか自分を見つめ直すところから始めましょう
【自分サイズ起業のタネを見つけよう(全9通)】

資格を生かして独立開業するときも、この自分の中のネタを探しておくと、他と差別化できますから…
小さく小さく始める時から自分だけの優位性というものはぜひ探しておいてくださいね
それは何も仕事のジャンルだけでなく、もしかしたら自分の趣味の中にあるかもしれません

起業前後のヒント・アイデア
行動・思考・覚悟・本音

他にも上記のタグから、参考になりそうなコラムをお読みいただけると幸いです

少しだけ抜粋
Over50世代共通の見えない未来への不安
Over50元気な女性の自分サイズ起業は2パターン

難しい事は書けませんが、これまで様々な個人事業主さんとお会いしてきました

自分もいくつかのことを同時並行でやってきました
時代が変わっても、いくらインターネットがすすんでも、本質的な部分は変わらないものではないかと感じています

スポンサーリンク