スカイプの設定について

個別フォローや質問、遠方の方とのやりとりはSkypeにて対応させていただきます。
お使いのデバイスにまずはSkypeをダウンロードしてサインインして頂きます様お願いいたします。
まずはSkypeのサイトにアクセスし、Skypeをダウンロードします

>>Skypeのサイトはこちらをクリック

パソコンからの方は【コンピューター】を選んでダウンロードします。
(以後パソコン画面での説明となります)
ダウンロードに関しては検索するとネット上に詳細な説明が載っていますので、そちらを参考にしてください。

ダウンロードするときに日本語を選んだ次の画面に注意してください。

そのままだと以下にチェックが入っているので必要のない方は外してください。
□Bingをデフォルトの検索エンジンにする
□MSMをホームページにする


新規アカウントを作成してください。ここではメールアドレスで作成します。

お持ちのMicrosoftのアカウントでもログインできます。
新アカウント作成時の注意ですが【姓】【名】は後から変更できません。

また【姓】【名】は検索名にもなりますので考慮してご入力ください。
【山田】【花子】と入力するとSkypeには【花子山田】と表示されます。
【Yamada】【Hanako】と入力すると【HanakoYamada】と表示されます。


入力したメールアドレスに確認メールが届いていますのでそちらをクリックします。
以下の確認できましたの画面に変わります。


通話したい相手をSkype検索で検索します。


サウンドテストもできます。マイクや画像のチェックです。

操作の質問などは画面共有で

ご自身のパソコン画面を通話相手に見せたいときは画面共有します。
画面共有する時は【通話】⇒【画面共有】で共有画面に変わります。
画面共有はそのまま【画面を共有】または【ウィンドウを共有】が選べます。

ここまでの設定をお願いいたします。
勿論出来ない時はご指導いたします。
お気軽にお問合せくださいませ。
スポンサーリンク



アナリティクスの勉強会に参加された方へ

昨年11月末からスパム急増のグーグルアナリティクスについて…

それまではフィルターを設定するようにしていましたが
いちいちフィルター設定するのも追いつかないほどになっていました

おそらくグーグルさんでも何かしら対処はされているのでしょう

なのでフィルター設定するのはもう放っといて
(前回のリファラースパム対策記事はこちら)

実際にサイトを訪れてくれた人の数を拾う事にしました

その設定のやりかたをこちらに載せました

>>アナリティクスのリファラースパム対策

こちらの一番下『スパム急増中でキリが無い』

ここに忘備録がてら掲載しておきました。
アナリティクスを使っている方はご確認くださいませ

上記のことをするとどうなるか?

アナリティクスのレポートで『すべてのユーザー』のデータが表示されていますが
右の『○セグメント』を選ぶと作成したリストが表示されます

リストから実際に訪問してくれた人を表示させるセグメントを選択します

青線がすべてのユーザーのデータ

オレンジの線が選んだセグメントのデータ

上記の折れ線グラフを確認できるようになります

2016年11月から12月の月初にかけて二つの線が離れていました
実際の訪問者の数とスパムを含む数の差が分かります

現在は二つの線が重なっています
アナリティクス側の対処?

パソコン苦手な方には少し難しい内容だったかもしれません

今までに勉強会に参加して下さった方はちょっとだけ気に留めておいてくださいね

 

スポンサーリンク



パソコンのバックアップをされてますか?

たまにはパソコンのバックアップをしておくことをお勧めします

バックアップって何?と言う人も
自分で出来ると言う人も定期的にやっておきましょう

ちょっとだけ時間がかかるので、落ち着いた時間のある日にぜひチャレンジしてみてください

修復ディスクはすぐ出来ます


たまにランサムウェアの被害も聞きますからいざと言う時のための予防ですね

【注意喚起】ランサムウェア感染を狙った攻撃に注意

色んな種類が出てくるのでイタチごっこのようですが…
自分でデータは守るしか有りませんね

こういうこともご希望でしたら一緒に作業させて頂きます

>>こちらのサイトでWindows7のバックアップ方法を詳しく紹介されていました

自己責任でお願いいたします

 

スポンサーリンク



検索上位を狙うならYouTube、動画でもSEO対策

先日のAmazon Kindleで販売開始したテキストBOOKの宣伝動画も作成しました

今はスマホ1台でこれが出来ます。
素晴らしい時代ですね。

今回はごくごく簡単にしました。
スマホのLINEアプリでまず1ページずつ作成(どの画像加工アプリでもいい)
それをiMovieで動画にしただけです。

スライド動画アプリでも簡単に作れます。

そして同じアプリ You Tube Captureで登録チャンネルにアップしました。
(事前設定は必要です)

それで大まかなところは完了です。

あとはパソコンからキーワードを入れたり、カードの設定したり、細かい設定をいろいろします。
一度やり方を覚えたら50代でも大丈夫です。

ご自身のサロンや教室の動画は早めにキーワードを入れて作成することをお勧めします。

そのキーワードがあまり世間になくまだ珍しい業界であるなら必須です!!
数か月のうちにその動画はそのキーワードで検索トップページに入るでしょう。

ただしちゃんとキーワードを選定すること、チャンネルを作成することなどは必要です。

ところで、さすがAmazonさんです。

販売開始すぐに『ボディアート、テキスト』で検索すると…

『ボディアート、テキストBOOK』ならなお最強です!
(BOOKを付ける人はいないのでこちらから促せばいいのです)

キーワードでの上位表示を狙うなら、Amazonはハードル高いかもしれません。
それならハードルの低いYou Tubeを活用したいものですね。

ご自身の打ち出したいサービスがある方で動画の作り方を知りたい方は 個別相談で対応させていただきます 。(Skypeも可)

一度チャンネルを作り、作成方法、アップの仕方、抑える要点を覚えておけば あとはご自身で作成できます。
そのチャンネルに動画をストックし、ぜひ宣材として活用してください。

またまだ作成するサービスがないけど、その理由や効果を勉強したい方は、お茶会で気軽に質問してください。

>>お茶会などのイベントはこちら

チャンネルはあるけれど、動画の作成方法やポイントがずれてないかなど検証してほしい方はお困りごとサポート(対面orSkype)でご相談ください。

>>お困りごと相談や個別有料相談はこちら

以前、自分サイズ起業応援サイトの方に動画活用と作り方のヒントは載せています。
もしご自身で作成される方はこちらも参考になさってください。

>>動画活用と作り方のヒント

 

スポンサーリンク



Amazon、Kindleからのテキスト販売とSEO効果、検索上位対策

この度Amazon、KindleでテキストBOOKを販売開始いたします。

ボディアートやボディジュエリーの方へ向けたステンシルショップを運営しています。

初めてイベントに参加すると言う方々から、ときどきご質問を頂いておりました。
私の活動主旨(子どもの笑顔に会いたい!)に賛同頂いている方々なので、出来る限り応援したくてその都度メールで返事をしてきました。

ただメールでのやりとりだけではお伝えできないこともあり限界を感じ、いつかはテキストBOOKを販売したいと思っていました。

1年半ほど前より原稿は出来ていたのですが、どういう形で販売するかで悩んでいました。
PDFで販売するのは色々面倒を感じていたので…

ところが自身でKindleを使い、その便利さに感動していました。
そこでもしかしたら、Kindle出版なら可能かも?

そこから色々調べ、昨年夏より原稿をワードで書きなおしていました。
が、途中様々な事情で作業がストップ!

ついに先日一気に仕上げようやく日曜夜に原稿登録できました。
そして審査OK!販売開始!の連絡がありました。
なんとAmazon、Kindleの早い事!

ボディアート、ボディジュエリーで初めてイベント出店する方へ向けたテキストBOOKなのでごくごく一部の限られた方へのものです。
儲けも見込んでおりません。

詳細はこちらのアートサロンアンジュのHPに掲載しております。

>>アンジュのホームページはこちら

>>Amazon、Kindleはこちら

これで今後Kindle出版したいと言う方のお手伝いもできます。
この手のものはあまり儲けを見込まない方がいいと思われます。

ただ私が試行錯誤してきた内容をしっかり詰めました。

メールなどでは説明しにくいことを写真を駆使して解説しています。
これからイベント参加されたい方、自力で学ばれている方へのプレゼントです。

Kindle出版についての詳細を聞きたいという方は、ぜひお茶会にお越しください。

テキストについての詳細や目次はこちらに掲載してあります。

初めてのイベント出店向けボディアートテキストBOOK

>>Amazon、Kindleのページはこちらからご覧になれます。

 

スポンサーリンク



Kindleの効果

Kindleは侮れません。なんといってもAmazonです。
これを使わない手はありません。

ご自身の教室、サロンで特殊な技術などを伝えたい。
写真集などを出したいという時にも使えるのではないでしょうか?

今はワードで簡単に入稿ができます。
ただいろんな制限はあります。

そのポイントを抑えれば意外とできますが、きっと一人ではハードル高いと思います。
私でも心折れそうでしたから…

なのでもし作成されるならお手伝いさせていただきます。
まずは個別相談でご相談くださいませ。

キーワードや内容を一緒に精査させていただきます。

 

スポンサーリンク