50代からでも60代からでもチャレンジすることは可能です

50代からでも新しいやり方や新しいこと、小さな起業にチャレンジすることは可能です!
おそらく60代からでも小さな起業は可能だと思っています。

無理、できない、歳だからと制限をつけているのは他の誰でもない自分自身です。

確かにこの歳までお勤めしかしたことがなくて独立なんて未知の世界!
それはそうかもしれません。

でもそのお仕事の経験が活かせることも有ると思うのです。

お若い方にはない有利な点もたくさんあるということです。

私の場合ある資格を活用し独立したときに役に立ったのは
それまでのお仕事で続けていた事務的なことでした。

この経験なら結構お持ちの方は多いのではないでしょうか?

 
スポンサーリンク



当たり前のようにやってきた社会人としての仕事が役に立つ

独立して大切なのは様々な物事の管理です。

予定の管理、WEBの管理、予約の管理、広告や宣伝などの管理、お金の管理

またチラシなどの作成(エクセルやワードでも可能)、入稿

ラミネーターを活用した看板やカードの作成など

何をする!という事も大切なのですが
そのための様々な事務仕事がしっかり管理出来る事も重要です

社会人で当たり前のように身に着けてきた電話でのやりとり

メールでのやりとり、対面でのやりとり

それまでやってきた仕事が役に立つ場面がたくさんあります

私の場合は仕事でしていたイベントの管理なども大変役に立ちました

きっとそれぞれの得意なことがあるかと思います

それをしっかり生かして自分にしかできないプラスを肉付けしていきましょう

そうすれば、他との差別化にもなりますし、付加価値にもなる可能性もあります

以前こちらの記事にも差別化、付加価値で価格競争から逆を向いたことを載せました

>>◇専門知識やマニアックな知識は最大限に生かす

ただ、自分では自分の付加価値はなかなか分からないものです

身近な方に訊いてみるのもいいかと思います

発想力のある方は周りにいらっしゃいませんか?

もし適任の方がいないということでしたらお話しを伺って一緒に考えさせて頂く事もできます

頭がとっちらかってて何から手を付けていいのか分からない!と言う時など
ぜひご活用くださいませ

一緒に整理して、不要なことは省いて、でもやらなければならないことはしっかり力を入れて

目指すゴールにたどりつけるようにお話しさせて頂きます

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です