セラピスト・コンサル・カウンセラーに求められるもの

最近の1日で取得できる資格に思うこと

物凄く辛口な意見かもしれませんが…
難しいことを言ってやる気を奪うつもりはありませんので…

セラピスト・コンサル・カウンセラーに求められるもの

最近のコンサルやセラピーというものはプロかアマかの線引きが無いと感じています

1日や2日で取れる資格などもあり、手軽に誰でもセラピストになれますが
そこに前々から何か危うさを感じていました

セラピストを名乗れるのですが…果たして簡単にそれが出来る人が
人の人生や…人の命にまで責任が及ぶ仕事だと自覚を持ってされているのかしら?
という危うさです

50を過ぎたオバサンなので何でも客観的に見てしまうのですが…

資格を持っていてもその資質や程度にものすごく個人差があります
その人たちが同じ時間の学びだけで同じスタートラインに立てるとも思えません

実際セラピスト・コンサル・○○カウンセラーさんも様々で
え?と思う場面に出くわすこともありました

自分の喋りたいことだけフルパワーで喋って終わっていたり…
(結構多い自己満足タイプさん?)

自分の主観でジャッジして終わり!だったり…
(あなたの好みを訊いてませんから…)

どうかするとクライアントと一緒に膨涙していたり…
(いやいやアカンやろ、冷静さはどこに?)

まあそれでも良いというクライアントが来られるのかもしれないので
そこまで心配する必要も、突っ込みを入れる必要もないのかもしれません

 

スポンサーリンク



そもそも誰かの人生に責任を負うことになる仕事

育児相談業務というお仕事をしていたことがあります
言葉一つに細心の注意を払って対応するデリケートなお仕事でした
ロールプレイングなどの研修も繰り返し受けていたので、特に辛口になるのかもしれません

そもそもセラピストさんやカウンセリング、コンサルさんって
1日でできるような仕事では無いと思うのです
(例外はあります…その方のそれまでの人生によりますので)

人の人生や…人の命にまで責任が及ぶ仕事ということは
やはり迂闊に手軽に出来る仕事ではないのでは…

また主役はクライアントであり自分ではありません

自分の言いたいことを一方的にしゃべり続けるのは違います
こんな仕事してる自分ってすごい!って酔いしれるのも違います

クライアントの立場での最善を考えず、自分の好みを言うのも違います
相手の人生を思い通りにしようとするのも違います

まあ、それでも…敷居が低いから
仲良くお喋りして楽しかった♪で終わり!でも良いのかもしれません

求めるモノは人によって違うから
色んなセラピストさんがいていいのかもしれません

ただこれだけは伝えたい

それでも基本はその責任をしっかり感じ、冷静でいてほしいのです
自分が喋るのではなく、まずはクライアントのお話を聞くのが基本
そう辛口オバサンは思っています

そういう私もまだまだ未熟者です
主役はお客様、そしてそれをサポートさせて頂いている
そんな立ち位置でかかわらせて頂いています

人の振り見て我が振り直せといいますので
やはり自分自身も自分本位にならないように心がけていたいと思います

自分ではなく相手にとっての最善を考えること
どんなお仕事でもそれが基本であると考えます

 

スポンサーリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です